ともぴーの仰天ブログ

心が感じたことを書く自分探しの記録

うちの母は…の続き

f:id:tomoko196609:20170626210628j:plain

 

先ほどの続きです。

とは言っても、2月のことです。

 

昨日は母とコミュニケーションなし。

何となくすれ違う日でした。

昔、母とはぐれた子供のアニメもありましたが…

 

翌日(母の誕生日)になりました。

そして、母からはまだメールなし。

こちらからメール開始。

 

私 「忙しそうね メールも来ないし 

      私はいまだに片付けしてる」

        

                 12月に始めた片付けは、まだ続いていた。

        すぐに返信が来ないので続けてメール。

 

私 「誕生日何してるの?美味しいもの

         食べた?私はいつも残りもの」

 

母 「こっちもテーブルのうえまんさいで

         たいへん~」

 
                 最初のメールの返信らしい。

              そっちも大変なのか!

           漢字に変換できないのも大変である。 

 

私 「何が満載?」

 

           誕生日のお料理?残りもの?

            … ではなさそうである。

 

 母 「食べてない。いそがしいの」

 母 「食べてない。いそがしいの」

  
              2回目のメールの返信だ。

              よほど忙しいらしい。

              メールの2度送りはよくある。

              忙しいなら1度にして欲しい。

 

母 「東京へ送るもの。ねーもいくし。」   

  

                続けて3回目のメールの返信だ。

             ねー とは姉のこと。

                呼び方は、私目線になる。

 

私 「あまり疲れないようにね」


     ことごとくタイミング(タイピング)の

     ずれるメールである。ふう。

    

    終わったのかと思っていたら

 

母    「私は口が動いてるだけ」

 

    言うだけって自覚しているらしい。

     要するに姉にかまっているだけである。

     暇か!

    

    メールを打つ手は忙しかったに違いない。

 

    結局、「おめでとう」は忘れた。

     60歳も70歳も、まともに祝っていない。

    

    親孝行は難しい。