ともぴーの仰天ブログ

心が感じたことを書く自分探しの記録

中島みゆき

進化…しただろうか

令和になって1ヶ月半 6月も半ばなので 今年が半分近く終わったことになります。 Twitterを始めてから facebookを始めてから ブログを始めてから いずれも2年以上… いつの間に過ぎたのだろうか。 毎日投稿しているわけではない にもかかわらず 読んでくださ…

リトル・トーキョー VOL.20 演出編2

雪崩と津波 入場編で (夜会について詳しくは) もったいなくて書けません と言っておきながら あれこれ書き連ねてきましたが 今回で締め括ろうと思います。 イメージ写真を載せましたが 悲劇編で言っていた さらなる悲劇とは何のことだったのか 夜会をご覧に…

リトル・トーキョー VOL.20 脚本編2

リトル・トーキョーと海嘯 今年の夜会の幕は降りています。 ところが とろぴーであるがゆえに、いまだにブログでは 今年の夜会に関する記事が続いています。 それでも いよいよ令和という時代の幕が開きました。 頭の中で「時代」が回っています。 時代-Time…

リトル・トーキョー VOL.20 演出編1

雨と桜吹雪 いよいよ 夜会 VOL.20 リトル・トーキョーに関する ブログはクライマックスのはずですが… 日記どころか、週刊ブログになっているので 以前の記事は忘れられているかも知れません。 本人ですら、何を書いたか忘れてますし。 そもそも、読まれてい…

リトル・トーキョー VOL.20 脚本編1

夜会は、歌を中心にステージが進行します。 それは、中島みゆきさんがシンガーであるから 当然のことなのだけれど、さらに言うなれば みゆきさんはソングライターでもあるから 作詞と作曲も担当しています。 そして、夜会が普通のコンサートと異なるのは 演…

リトル・トーキョー VOL.20 会場編

まだ書いていませんでしたが 夜会の会場は、東京の赤坂(TBS赤坂サカス内)にある ACTシアターでした。 右から読んでもAKASAKA 右から読んだらSACASAKASAKA まさかのまっさかさま? ちなみに右の写真は 夜会 VOL.15 ~夜物語~元祖・今晩屋 公演の時の外観です…

リトル・トーキョー VOL.20 悲劇編

「つららが…射たれた…」 雪まみれでホテルに転がり込んでくる 杏奴の絶叫とともに、第2幕は始まります。 実はこのシーンは、第1幕の最後と同じものです。 帯ドラマ(やすらぎの郷とかマッサンとか)では よくあるような感じで、前幕のシーンを再現 してくれ…

リトル・トーキョー VOL.20 喜劇編

夜会は、歌劇と言うほど 歌詞で物語を説明するわけではありません。 楽曲を繋ぎ合わせて舞台にしているので 曲数も必然的に多くなっていて 2幕では いつ帰ってくるの~リトル・トーキョー(Inst.) 15曲。 1幕と合わせて32曲です。 聞いている人が想像し…

リトル・トーキョー VOL.20 歌劇編

↑イメージ画像だと思ってください(加工しています) さて いよいよです。 リトル・トーキョー♪ のメロディーとともに、夜会が開幕しました。 舞台はクラシック・ホテル&パブ・オークマ (どこかで聞いたような) 右手には暖炉 (冬の厳しさを物語ります) 中央に…

リトル・トーキョー VOL.20 開幕編

Little Tokyo 2nd. この部屋の片隅の 古ぼけたストーブで 思い出を暖めて いつまでも待っているわ 偽りの欠片たちで 心の中凍みるから あなたの隣だけが 私には本当のぬくもり いつか憧れにたどり着いたら きっと会いに来てくれるのだろう 風鳴く夜には 此処…

リトル・トーキョー VOL.20 入場編

2月27日 夜会 リトル・トーキョーVOL.20 全20公演が 終了しました。 東京オリンピックを来年2020年に控えた、平成最後の夜会で 20に縁の深い、記念すべきステージとなりました。 今ならネタバレなどという心配もなく、洗いざらい書いても いい…

リトル・トーキョー

Little Tokyo 電波塔から見おろす オモチャのような風景は 川が流れて 船が行き交う 心の中の縮図 夢に描いた街より ちっぽけに窓に映っても 流れる川は 海へと続く 確かに此処はTokyo 憧れは はるか彼方にあるけど 小さな者たちは たどり着くだろう 広く大…

月と火と水と

月と火と水と 月の光に照らされて 忘れた歌を思い出す 火のぬくもりに癒されて 心の灯りを思い出す 水の飛沫と戯れて 子供の心を思い出す 木の懐に包まれて 生命の息吹を思い出す 金の輝きに憧れて あの日の夢を思い出す 土の大地を踏みしめて 生命の芽生え…

土と石と

土と石と人と 土が練られて 器になる 捏ねられ焼かれて 器になる 誰かのための 器になる そんな試練を 乗り越えて 人もいつの日か 器になる 誰かのための 器になる 石が練られて 金になる 砕かれ焼かれて 金になる 誰かのための 金になる そんな試練を 乗り…

新しく生まれる

誕生 新しく生まれる 悲しい涙を振り払って 新しく生まれる すべての思いを希望に変えて 飛び立て 鳥のように高く強く 空を目指して 高く強く もう地を這うことはない 心の中に翼があるなら 新しく生まれる 苦しい重荷を振りほどいて 新しく生まれる すべて…

共に歌うこと

↑聖歌隊としての初舞台で メサイアから、2曲歌っています。 共に生きること というブログを書いた後になって 思い出した事があります。 キリスト教会で歌う機会に恵まれたことを 以前に、お伝えしたような気がしますが その教会に属すると、もれなく共生会 …