ともぴーの仰天ブログ

心が感じたことを書く自分探しの記録

しりとり Facebook その1

Facebookで勃発した、しりとりの 様子を紹介しようと思います。 それは、主催者のこんな一言から 始まりました。 (以下、主催者のコメントは青色) みなさん 暇つぶしにしりとりしましょう! お題は料理名や食べ物の名前で! じゃあいきまーす! らーめん あ…

しりとり 令和初

広瀬すずとチコちゃん 令和になったので、その事に関して 何か書くべきなのですが その前に、ちょっと面白い事があったので 紹介しておこうと思います。 先日、NHKの番組 チコちゃんに叱られる で、しりとりをしていました。 相変わらず顔の大きい5才の女の…

リトル・トーキョー VOL.20 演出編2

雪崩と津波 入場編で (夜会について詳しくは) もったいなくて書けません と言っておきながら あれこれ書き連ねてきましたが 今回で締め括ろうと思います。 イメージ写真を載せましたが 悲劇編で言っていた さらなる悲劇とは何のことだったのか 夜会をご覧に…

リトル・トーキョー VOL.20 脚本編2

リトル・トーキョーと海嘯 今年の夜会の幕は降りています。 ところが とろぴーであるがゆえに、いまだにブログでは 今年の夜会に関する記事が続いています。 それでも いよいよ令和という時代の幕が開きました。 頭の中で「時代」が回っています。 時代-Time…

リトル・トーキョー VOL.20 演出編1

雨と桜吹雪 いよいよ 夜会 VOL.20 リトル・トーキョーに関する ブログはクライマックスのはずですが… 日記どころか、週刊ブログになっているので 以前の記事は忘れられているかも知れません。 本人ですら、何を書いたか忘れてますし。 そもそも、読まれてい…

リトル・トーキョー VOL.20 脚本編1

夜会は、歌を中心にステージが進行します。 それは、中島みゆきさんがシンガーであるから 当然のことなのだけれど、さらに言うなれば みゆきさんはソングライターでもあるから 作詞と作曲も担当しています。 そして、夜会が普通のコンサートと異なるのは 演…

リトル・トーキョー VOL.20 会場編

まだ書いていませんでしたが 夜会の会場は、東京の赤坂(TBS赤坂サカス内)にある ACTシアターでした。 右から読んでもAKASAKA 右から読んだらSACASAKASAKA まさかのまっさかさま? ちなみに右の写真は 夜会 VOL.15 ~夜物語~元祖・今晩屋 公演の時の外観です…

リトル・トーキョー VOL.20 悲劇編

「つららが…射たれた…」 雪まみれでホテルに転がり込んでくる 杏奴の絶叫とともに、第2幕は始まります。 実はこのシーンは、第1幕の最後と同じものです。 帯ドラマ(やすらぎの郷とかマッサンとか)では よくあるような感じで、前幕のシーンを再現 してくれ…

リトル・トーキョー VOL.20 喜劇編

夜会は、歌劇と言うほど 歌詞で物語を説明するわけではありません。 楽曲を繋ぎ合わせて舞台にしているので 曲数も必然的に多くなっていて 2幕では いつ帰ってくるの~リトル・トーキョー(Inst.) 15曲。 1幕と合わせて32曲です。 聞いている人が想像し…

リトル・トーキョー VOL.20 歌劇編

↑イメージ画像だと思ってください(加工しています) さて いよいよです。 リトル・トーキョー♪ のメロディーとともに、夜会が開幕しました。 舞台はクラシック・ホテル&パブ・オークマ (どこかで聞いたような) 右手には暖炉 (冬の厳しさを物語ります) 中央に…

リトル・トーキョー VOL.20 開幕編

Little Tokyo 2nd. この部屋の片隅の 古ぼけたストーブで 思い出を暖めて いつまでも待っているわ 偽りの欠片たちで 心の中凍みるから あなたの隣だけが 私には本当のぬくもり いつか憧れにたどり着いたら きっと会いに来てくれるのだろう 風鳴く夜には 此処…

リトル・トーキョー VOL.20 入場編

2月27日 夜会 リトル・トーキョーVOL.20 全20公演が 終了しました。 東京オリンピックを来年2020年に控えた、平成最後の夜会で 20に縁の深い、記念すべきステージとなりました。 今ならネタバレなどという心配もなく、洗いざらい書いても いい…

リトル・トーキョー

Little Tokyo 電波塔から見おろす オモチャのような風景は 川が流れて 船が行き交う 心の中の縮図 夢に描いた街より ちっぽけに窓に映っても 流れる川は 海へと続く 確かに此処はTokyo 憧れは はるか彼方にあるけど 小さな者たちは たどり着くだろう 広く大…

月と火と水と

月と火と水と 月の光に照らされて 忘れた歌を思い出す 火のぬくもりに癒されて 心の灯りを思い出す 水の飛沫と戯れて 子供の心を思い出す 木の懐に包まれて 生命の息吹を思い出す 金の輝きに憧れて あの日の夢を思い出す 土の大地を踏みしめて 生命の芽生え…

土と石と

土と石と人と 土が練られて 器になる 捏ねられ焼かれて 器になる 誰かのための 器になる そんな試練を 乗り越えて 人もいつの日か 器になる 誰かのための 器になる 石が練られて 金になる 砕かれ焼かれて 金になる 誰かのための 金になる そんな試練を 乗り…

心の灯 ~童話より

心の灯り ~童話より マッチ売りの少女は ほの暗い路地裏に浮かび上がる 家族の中に灯りを見いだした 寄り添っているのは 少女を愛していた祖母の姿 だから寒くはないんだ だから暗くはないんだ きっと願いは叶うんだ ミルク運びの少年は ほの暗い聖堂に浮か…

怪談~カード屋敷

1枚~2枚~ 1枚足りな~い 前回のブログでも、数を数えていた ような気がしますが… 最近、私の勤めている事業所で 起こっている怪談といえば 皿屋敷ならぬカード屋敷。 皆が揃ってカードの数を数えて いるのです。 40枚入りだと、40枚を数えて 袋に入…

心の灯

1995 つなぐ 1.17 心の灯 灯りを灯す ひとつ… 喜びの灯り 友達の笑顔 灯りを灯す ふたつ… 復興の灯り いつもの街並み 心に灯りを灯す 命の灯りを灯す 希望の灯りが増えて ほんのりと明るくなった 灯りを灯す みっつ… 安らぎの灯り 家族の団欒 灯りを灯す よ…

Lonely canaria

Lonely canaria Lonely canaria 歌ってた 風の歌を 雨の歌を 少女も一緒に 口ずさむ 虹の歌を 愛の歌を Lonely canaria 忘れたの 虹の歌を 愛の歌を そして 少女の 歌声消えた Lonely canaria 歌わない それを誰もが 気づかない 少女の涙に 気づかない 小さ…

片方だけの手袋

片方だけの手袋 片方だけでは寒くて 右手にはめたり 左手にはめたり 片方だけでは寒くて 手袋をした右手で 左手を包みこんだ ちょっぴり暖かくて ちょっぴり寒くて ちぐはぐな心をもて余す 片方だけの手袋は あなたを探してる 私自身だ 揃わないと 誰かを 上…

USAではなくUSJです

↑カップルか家族連ればかり… C´mon,baby U.S.A.(* ̄∇ ̄)ノということで 元日はUSAではなく、USJで過ごしました。ただし カウントダウンパーティーの入場券と 目的のイベント(天使がくれたくれた奇跡Ⅲ)の 鑑賞券を同時に購入することができませんでした。なの…

今年も###します

今週のお題「2019年の抱負」 新年明けましておめでとうございます(*^^*)ブログを読んでくださる皆様コメントくださる皆様素敵なブログを書いておられる皆様いつもあ~りがとうございます。(*^^*)おかげさまで 無事に年を越すことができました。大掃除はしな…

新しく生まれる

誕生 新しく生まれる 悲しい涙を振り払って 新しく生まれる すべての思いを希望に変えて 飛び立て 鳥のように高く強く 空を目指して 高く強く もう地を這うことはない 心の中に翼があるなら 新しく生まれる 苦しい重荷を振りほどいて 新しく生まれる すべて…

クリスマス・イブ

クリスマス・イブと言っても 山下達郎さんの曲のことではありません。 私がパートをしている職場では 大きなホールケーキが支給される日ですし 教会では賛美礼拝をする日です。 どちらもはずせないので 特に忙しい一日になりました。 各地でパーティーや忘年…

歓喜の歌 その2

今夜(トゥナイト)も夜更かししています。 そして紹介します。 トゥナイト 1万人の第九のコンサートがあった日の 2日前に放送されていた 百年の音楽 (テレビ東京系列・関西ではテレビ大阪) バイオリニストの川井郁子さんが毎回 華麗な演奏を繰り広げます。 …

歓喜の歌

チコちゃんに叱られる 今朝、ボーっとテレビを見ていたら チコちゃんに叱られてしまいました。 昨日も放送していたようですが ボーっとしていて見逃しました。 あ、夜更かしで日付が変わっていますので 話が一日ずつずれてしまいました。 また、叱られてしま…

アドベントです

カレンダーとリース 12月になりました。というよりは、なっています。 今年もすぐに終わってしまいます。月日の経つのは早いですね。 それも年々…… 年は取りたくないものです。 街中が、すっかりクリスマスムードです。 むしろキリスト教国よりも盛り上が…

共に生き合うこと その2

↑写真は以前のものです。 メサイアコンサート 無事に終了し、素晴らしい演奏会となりました。 私は1部だけということで配慮をして いただきました。 3時間を超えるステージのすべてをこなされた 指揮者の先生、ソリストの方、楽器演奏の方 聖歌隊の方、ご…

共に歌うこと その2

↑サントリー1万人の第九です。 大阪城ホールが埋め尽くされます。 歌の練習がハードスケジュールになっています。 17日には、練習のハシゴをしました。 あくまでも素人なので、喉ががらがら蛇です。 前回紹介した、メサイアの本番は11月23日(祝)。 全…

共に歌うこと

↑聖歌隊としての初舞台で メサイアから、2曲歌っています。 共に生きること というブログを書いた後になって 思い出した事があります。 キリスト教会で歌う機会に恵まれたことを 以前に、お伝えしたような気がしますが その教会に属すると、もれなく共生会 …